yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 親善試合 VSパラグアイ 感想

日本(1−0)パラグアイ

勝った−!!
香川ナイスゴール!!
ザッケロー二新監督が決まっているとはいえ、指揮をするのが原代行監督なので「真剣に分析しよう」というよりは「お祭りとして楽しもう」という気持ちで見ていましたが、すっげー楽しかったです。両チームとも集中していて、ボールが良く動くスピーディな好ゲームだったと思います。
特にスタメンで出た攻撃的MFの三人が自由に位置を入れ替えることとサイドバックが積極的に上がることにより、攻撃に変化と厚みが出ていて将来性をびしばし感じました。
以下個人の得点は次の通り。


スタメン

川島(6.0)・・的確な反応と状況判断で安定感がある守備が出来ていた。
中澤(6.5)・・大きくクリアーする場面と繋ぐ場面切り替えがしっかりできていた。ゴール前での競り合いでも負けていなかった。
栗原(5.5)・・攻撃時に存在感を見せていたし、前回の失態のリベンジは果たせたと思うが、交代直前など要所で危ないプレーがあった。
内田(5.5)・・後半の攻撃時は何度も顔を出して目立っていたが守備に不安あり。簡単にセンタリングをあげさせすぎ。
長友(6.5)・・攻めでも守りでも豊富な運動量で活躍できていた。本当に頼りになる存在。
中村憲(6.5)・・決勝点に繋がるアシストなどゲームを変えることのできる決定的な仕事ができた。シンプルな攻撃こそが彼の持ち味だと思う。
細貝(6.0)・・代表初出場とは思えない積極的な動きで守備に貢献していた。彼のカバーのおかげでサイドバックが良くあがれていたと思う。
松井(6.0)・・ドリブルで何度も相手を抜き、日本の攻めに変化をつけていた。ただ自陣でのドリブルはとられて危ない場面もあり怖かった。
本田(6.0)・・厳しいマークがありながらも要所でいい仕事をしていた。全体的には可もなく不可もなくという印象。
香川(7.5)・・素早い縦の突破とドリブルテクニックで日本の攻めを牽引していた。決勝ゴールはさすがの決定力。
森本(6.0)・・動きだしの質やポストプレーなどは及第点。ただ日本のエースになるにはもう一つインパクトに欠けるような気もする。


交代選手

岡崎、藤本、岩政、橋本、槙野(6.0)・・みな途中交代ながら流れに取り残されることもなくしっかりと役割をはたしたと思う。


原代行監督(5.5)・・攻撃的ないいサッカーをチームは出来ていたが、交代の使い方はテーマが見えにくく疑問が残った。