yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 10年 27号 感想

(巻頭カラー)ぬらりひょんの孫

つららが妖怪蜘蛛におそわれるシーンは何かエロイなあと思った。想い人のために自殺も考えるその思想は個人的には嫌いだが美しいと思う。次週は土蜘蛛VSリクオ。多勢の力、百鬼夜行の力がどんなものか魅せて欲しい。


NARUTO

ぶんどってしまえば九尾のチャクラは一生自分のチャクラ。何そのご都合主義と思ったけど、ぶんどっちまえば自分の物は現実世界でも同じですよね。ビー様が応援にいちいち「○○ー!」と語尾を伸ばして言っているのが可愛い。


ワンピース

サボ出航。コレ絶対死亡フラグだよ・・・。天竜人の船を邪魔して惨殺とかなのかな。で、エースがサボの意志をついでスペード海賊団になるのかなと思ったり。


バクマン

最初にシュージンにネームを描けと言ったのはサイコーなのにあっさり「文章だけの方がいい」に切り替えるとは・・・。まあ実際やってみたら違ったので、過去はどうあれ躊躇なくやり方を変えるというは正しいと思う。そして、好きな男性二人に捨てられ憎悪の修羅と化した岩瀬さん可愛すぎだろ、常識的に考えて。


少年疾駆

賭けてもいい。このヒロインの朝希さんは絶対に空気になる。そりゃあもう名前すら覚えていない『テニスの王子様』のヒロインのように。


ブリーチ

話が進まない・・・。最近藍染さんの「どや」顔しか見ていない気がしている。


(Cカラー)べるぜバブ

ヒルダさんの悪口ねつ造作戦によりみんなやる気出す。この展開は素直に納得。石矢魔の面々は全員バカだしな。ヒルダさんと邦枝さんの女の闘いはますます加熱。邦枝さん派だけど、本妻ヒルダさんが強いと思う。


リボーン

この勘違い展開は非常に残念。だって結局は勘違いが判明して仲直りしてしまうラストが見えるから。もっと何かごちゃごちゃどろどろした裏切り展開が欲しいなあ(それはもう少年漫画じゃないけど)


メタリカメタルカ

はじめてあんまり『ドラゴンボール』じゃない回だと思った。しかしながら、結果はあんまり面白くなかった。


黒子のバスケ

青峰くん勝利。やはり王者は強かった。青峰くんの強さの源泉は自分以外を信用しないだから、仲間の力でここまできた黄瀬くんが青峰くんをコピーしてもその精神性までは模倣しきれなかったと言う展開は納得。黄瀬くんには是非今回の敗北を乗り越えてコピーだけでない自分だけの能力を身につけてほしい。


サイレン

先週の煽りに負けない強さを見せつけてくれたジュナスさんが良いです。「面白い」が相手が強いということではなく「俺の相手になると思っていることが」というのも大物ぽくて素晴らしかった。


(Cカラー)保健室の死神

鈍さんの舌なめずりがエロかった。それと今回の長所をあてる占いはそのまま各キャラの個性を分類していて、改めて作者が自覚的にキャラを作っていることが伺えて良かった。しかしその理論でいくとハデス先生の個性って「病魔」だけになっちゃうんだよなあ。「罹人」という新たなキーワードがどう作品に影響してくるから純粋に楽しみ。


スケットダンス

オタクのマニア自慢ほどうざいものはないと思います。作品の解釈って人それぞれあるものだし、知識とか考察力とかで優劣をつけるものではないと思う。いろんな見方を楽しめればそれでOK。もちろんそれらを競うのが楽しい人が仲間内でそれをやるろいうのが楽しいのは事実だけど、それを他の人に強要する、無理矢理見せるのはやっちゃいけなことだと思います。


こち亀

これ宇宙ロマンだ。俺は面白いけど、こち亀に求めているのはこういうのではないし、何か変なジレンマです。

トリコ

センチュリースープ完成。前回はペンギンの唾液で完成したスープなんてと言ったけど、今週の食した後の全員のにやけた表情を見て、意見覆しました。俺も飲んでみたいです。冒険の試行錯誤の成果をこういう風に丁寧に描写してくれると、感情移入がしやすくて良い。


銀魂

予想に反して神威が生きていた。確かに高杉さんと神威は組んだ方が迫力がますなあ。しかしこの展開は次の長編が最終シリーズっぽいなあ。


ロックオン

イケメン池谷くん登場。どことなく狩野英孝ぽさを漂えつつも、実際にイケメンな彼のキャラは意外に面白い。最近『ロックオン』は脇のキャラが魅力的になってきたので高評価。


いぬまるだし

今週は面白かったなあ。一見すると不自然なコマが後のコマとの間違い探しになっているとか小技も聞いていたし。雷様落ちは途中から読めていたけど、コマのインパクトで笑ってしまったw


めだかボックス

「完璧な人間はいない」というめだかの正論に「それは改造人間(完璧を目指して自らなった私)の否定だ」と言った古賀ちゃんはいいなと思いました。それ故に王土先輩の不意打ちには少し残念な気分になりました。でも、明らかに人間を超えていながら「俺が人間だ」と言う王土さんは本当に素晴らしいキャラだ。しかしこの急ぎすぎな展開は確実に打ち切り(もしくは早めの新シリーズへの移行)展開ですなあ。


四ッ谷先輩の怪談

パニックを止めるのは「恐怖」。その理屈は正しいけれど、はたしてそれはエンターテインメントになれるのか。次回期待。


ぴゅ〜と吹くジャガー

読者コーナー『抱きしムエタイ』の後にこれを見ると一層カオスやで・・・