yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 10年 25号 感想

(巻頭カラー新連載)少年疾駆

読む前はW杯に合わせたサッカー漫画って安易だなあと思っていたが、予想以上に面白い第1話だった。主人公の大鳥くんがいい味出している。かっこつけたがりという一見マイナスな性格だけど、自分よりかっこいい奴を素直に「かっこいい」と認めて、それに勝つために努力を惜しまない姿勢は好感が持てる。しかし、ある程度才能ある主人公に天才が第1話で現れる展開はスポーツ物の王道だし(『ホイッスル』もそうだしね)、評価はこれからの展開次第。チャンピオンズリーグが目標と言うことだから、リアル路線で行くと思うけど、どこまでサッカーの魅力を引き出せるのか期待している。


ワンピース

ルフィとエースとサボ、三人の仲良くなっていく様が描かれた3ページは秀逸。どのコマにもはっきりとストーリーがあり、これだけで三人の絆を見てとることができた。サボが貴族の子であることが発覚して、天竜人がどう絡んでくるのか先が読めない・・


NARUTO

自分を受け入れる展開はやっぱり見ていて気持ちがいい。しかしナルトのサインがだせえw


ブリーチ

ギンさんの連続突き『舞踏連刀』って普通に突いた方がいいのではないかと思う。しかし、藍染さんもギンさんも強すぎて勝つイメージが湧かないな。もう自滅しかないよなあ。


トリコ

トリコの腕の治療方法も、小松のスープ再現もどちらも凄く面白い。特に小松のスープ再現は、今までこの漫画がやってこなかった料理人を掘り下げているという点で、世界観も広がっているし、新しいと思う。


(Cカラー)メタリカメタルカ

ヒロインのシノさんがどうみてもDBのブルマにしか見えない件。まあ、ある意味王道ということで。漫画事態はテンポもよくて非常に読みやすい。


リボーン

SHITT・Pが異次元すぎてポカーンだった。しかし獄寺くんとは非常にいいコンビな気がする。ギーグファミリーを殺ったのはアーデルハイドさんぽい描き方がされているけど、ミスリードだと思う。犯人は別にいる(キリッ)


バクマン

「駄目だな・・・」はミスリードだと思う。編集長の性格なら本当に連載させない気なら「負けだな」というと思うから。だがそれでも今回の『完全犯罪クラブ』は連載しないという方向にしてほしいと思う。なぜなら『亜城木夢人リベンジ物語』の方が俺が読んでみたいから。


保健室の死神

爆風ドッヂなお話。漫画的演出を逆手にとったギャグと、鏑木さんの凛々しさ、そして何よりと所々で的確な突っ込みをいれる美作くんが素晴らしかった。


こち亀

携帯iPhone話。こち亀のこういう時事ネタは好きである。iPhoneにも心なしか詳しくなれた気がする。興味ないけど。


めだかボックス

すっごい良かった。めだかちゃんがめだかちゃんになった理由というのが「きっと君はみんなを幸せにするために産まれてきたんだ」という人吉の言葉だったとは。単純だけど、それ故凄い納得できた。しかし幼い人吉は良い笑顔だなあ。こんな笑顔でそんなこと言われたらそりゃあめだかちゃんじゃなくても惚れるわ。


(Cカラー)ぬらりひょんの孫

アニメ情報ページの「片手☆SIZE」がメジャーデビューでなぜか笑った。商売っ気出しすぎだろう・・・


銀魂

次郎長編完。このシリーズは本当に銀魂でも最高傑作なんじゃないかってくらい完成度が高かったと思います。最後の次郎長と平子の親子の見栄きりは不覚にも泣いてしまったぜ。


スケットダンス

修学旅行編終了。前の銀魂と違ってこっちのシリーズは話数によって評価が分かれる感じでした。締めとしてはもうちょっとぐっと締まってほしかった。結局あんまり変化してない感じがなあ・・・。


べるぜバブ

姫神さんは最近の展開で株をあげたなあ。少なくとも石魔矢の中で一番頭が良いし、実力もそれなりにある。ヒルダさん(本妻)が転校してきたので、ラブコメ分が加速するのも期待している。


いぬまるだし

前半の神様にお願いネタは面白かったけど、後半のたまこ先生ネタは個人的には微妙だった。しかし大石先生のシールの完成度は高い。一部欲しいのもあったぜ。


ロックオン

新聞部のうさんくささ、週刊誌的なゴシップ臭がが何か気になったが、話としては非常にまとまりのある一話だった。この辺りでニコだけでなく他の人物も掘り下げてくれると面白いと思う。


ハンター×ハンター

王の思考が示唆に富んでいて非常に面白いが、それ故主人公側があんまり目立てていない印象。今は完全に自分の視点が蟻側を中心に見ている。もう、王が主人公で良くない。あと、イカルゴの秘策は絶対失敗すると思うw


黒子のバスケ

青峰「そう、やすやすとダンクなどさせると思うなよ!」 どう見ても『スラムダンク』の仙道VS牧です。本当にありがとうございます。
バスケ漫画はどう足掻いてもスラムダンクからは抜け出せないのかなあとちょっと悲しくなった。


サイレン

カブトの能力って、弱い弱い言われているけど全然強くて、むしろ最強に近いレベルだと思う。まあ、自分から攻撃が出来ないという点では非常に使い勝手の悪い能力ではあるがな。ある意味、武の極地『護身完成』だよな、これ。


四ッ谷先輩の怪談

掲載順やばいなあ。「言葉で人が殺せるのか」という問いで最初に思いついたのは『蒼天航路』の公明。劉表に対して「お前のやっていることは唯の自慰だよ」と言って蔑死させるシーン。工藤先生の目指しているそれはそういう直接的なものじゃないとは思うけど、是非、何らかの『答え』を、見せて欲しいところではある。そして四ッ谷先輩がその答えをどう破るのかも興味がある。


ジャガー

ハ・・・・ハマああぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーー・・・・・!!!
・・という欄外文のコメントのままの感想です。