yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

施川ユウキ『バーナード嬢曰く。』1,2巻 感想  本好きであればあるほど「笑って、怒って、また笑える」不思議な魅力のある漫画

アニメ化するという噂を聞きつけ興味を持ったのと、表紙の「一度も読んでないけれど私の中ではすでに読破したっぽい雰囲気になっている!」に惹かれて購入しました。 バーナード嬢曰く。: 1 (REXコミックス) 作者: 施川ユウキ 出版社/メーカー: 一迅社 発売…

有吉弘行著『お前なんかもう死んでいる』感想 有吉が絶好調の今見ると非常に趣深い本だった

ハードカバーの本が棚に陳列されているお洒落なカフェに置いてあり(何故このチョイスなのか)、今ちょうど夏目アナとの結婚報道があった時期だったので興味を持って読んでみました。 お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双…

ペトス『亜人ちゃんは語りたい』感想 亜人ちゃんが可愛いだけでなく、思った以上にほっこりできる青春作品だった

とりあえず2巻までの感想。絵がすっごく可愛かったので購入。亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤングマガジンコミックス)作者: ペトス出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/03/06メディア: Kindle版この商品を含むブログ (6件) を見るこれは主人公の生物教師が…

丹羽庭『トクサツガガガ』感想 これは全ての趣味人への、笑って泣ける、魂のエールだ!

とりあえず4巻までの感想。近くのTUTAYAのお薦めコーナーにデカデカと置いてあったので興味を持って購入しました。トクサツガガガ 1 (ビッグコミックス)作者: 丹羽庭出版社/メーカー: 小学館発売日: 2014/11/28メディア: コミックこの商品を含むブロ…

麻草郁 小島アジコ著『アリス イン デッドリー スクール』感想 ラストの疾走感が素晴らしかった。1冊でドキドキハラハラできる傑作!

本屋で別の本を探している際に目に入って、そういえばブログで物語を作るみたいな話の時に小島アジコさんが紹介していたなと思い出して購入。元々が舞台の作品であるということは知っていました。 (電撃コミックスEX)" title="アリス イン デッドリースクー…

鴻池剛著『鴻池剛と猫のぽんたニャアアアン!』感想  鴻池さんの「ウチの猫が一番可愛いっぷりが」伝わってくる愛らしい漫画

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!作者: 鴻池剛出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン発売日: 2015/10/31メディア: 単行本この商品を含むブログ (9件) を見るツイッターで大人気の鴻池さんと飼い猫のぽんたがおくる日々の出来事を面白可笑しく描いたエ…

松岡修造『大丈夫!キミならできる! 松岡修造の応援メッセージ』感想 14歳に向けた本だが社会人が見てもいい事描いてある。自分を変えるきっかけになるかも!

なんだか最近悩んだり、落ち込んだりすることが多かったので、こんな時は松岡修造分を補給しようと考えて、とりあえず目についた本を購入しました。大丈夫! キミならできる! ---松岡修造の熱血応援メッセージ (14歳の世渡り術)作者: 松岡修造出版社/メーカー…

フランク ブレイディー『完全なるチェス―天才ボビー・フィッシャーの生涯』感想  天才は美しい、でも天才なんてなるものじゃないなあ

ハードカバー500P以上からなる長い本ですが、一気に読み終わりました。完全なるチェス―天才ボビー・フィッシャーの生涯作者: フランクブレイディー,Frank Brady,佐藤耕士出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/02メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 8…

木原直哉『運と実力の間』感想 僕にポーカープロは絶対に無理だと悟った、でもポーカーは面白そうだなあ

暇人速報さんの記事「今年もポーカーの世界大会に参加したので写真をうpすうよ」 ( http://himasoku.com/archives/51872664.html )を見てポーカーに興味を持ち、特に世界大会の状況を知るのにはうってつけの一冊だと紹介されていたので読んでみました。運…

山田風太郎『人間臨終図鑑』感想 多くの場合死というのは病と孤独の中にあるというのがある意味で救いだった。

(徳間文庫)" title="人間臨終図巻1 (徳間文庫)">人間臨終図巻1 (徳間文庫)作者: 山田風太郎出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2011/11/02メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 18回この商品を含むブログ (20件) を見る文庫本で全3巻、かなりのボリュームが…

みうらじゅん、宮藤官九郎『どうして人はキスをしたくなるんだろう?』感想  だらりと読んで、だらりとどうでもいいことを考えるのが心地いい本

どうして人はキスをしたくなるんだろう?作者: みうらじゅん,宮藤官九郎出版社/メーカー: 集英社発売日: 2013/09/09メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (9件) を見る 週刊プレイボーイに連載されている、みうらじゅん氏と宮藤官九郎の対談…

平山夢明『DINER』感想 血と狂気と暴力とグロをたっぷり食べれて満足、お腹いっぱいです。

図書館で「装丁で本を選ぼう」という特集のなかにあったので読んでみました。ダイナー作者: 平山夢明出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2009/10/23メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 140回この商品を含むブログ (70件) を見る読んでみたらあらびっくり、…

水道橋博士『藝人春秋』感想 自分の目で見たことを語る ということの難しさと素晴らしさと

藝人春秋作者: 水道橋博士出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/12メディア: 単行本購入: 54人 クリック: 1,028回この商品を含むブログ (74件) を見るー芸能界という「あの世」を語る渾身のルポエッセイー本の紹介文に偽りなし。「渾身」という言葉がまさ…

筒井康隆『ビアンカ・オーバースタディ』感想 これが筒井康隆の考えるラノベなのか・・・

筒井康隆が「ライトノベル」を書いたということで、筒井御大が一体ライトノベルをどう解釈したのかということが一番の気になり所で読みました。ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)作者: 筒井康隆,いとうのいぢ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012…

大槻ケンヂ『このエッセイは手書きです』感想 哀しみも笑いに変える、オーケンはとてもロックで温かい野郎だ!

オーケンの、このエッセイは手書きです作者: 大槻ケンヂ出版社/メーカー: ぴあ発売日: 2013/03/28メディア: 単行本 クリック: 10回この商品を含むブログ (4件) を見る安定と信頼のオーケンエッセイ。普通に笑えて面白いです。 過去にも見たようなネタの使い…

本谷有希子『嵐のピクニック』感想 乱雑でめちゃくちゃな発想に浸れてナイストリップできた

嵐のピクニック作者: 本谷有希子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/06/29メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 21回この商品を含むブログ (17件) を見る「発想がスゴい」とか「ぶっとんでいる」とかそういうしっかりとしたベクトルではなく「乱雑で勢いい…

リリー・フランキーとロックンロールニュース『今日のつぶやき』感想 他人のつぶやきは面白い。厳選されたものはなお。

「彼氏から『オマエ彼氏いないの?』って聞かれた」というオビのネタが面白く、今週は移動が多かったのでその間の暇つぶしのために駅近くの書店で購入。かなりの爆笑で十分元がとれました。今日のつぶやき (宝島社文庫)作者: リリー・フランキー,ロックンロ…

読売新聞運動部『女性アスリートは何を乗り越えてきたのか』感想 スポーツ好きだけどある意味でまったく意識してない部分であり、衝撃だった

女性アスリートは何を乗り越えてきたのか (中公新書ラクレ)作者: 読売新聞運動部出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2013/07/09メディア: 新書この商品を含むブログ (4件) を見る自分は男なのでこの本に書いてあることは色々と驚きでした。女性特有の体調…

辻村深月『鍵のない夢を見る』感想 「夢をみる」ことと「現実から目を逸らす」ことは決定的に違うけれど、時折境界が曖昧になってしまうんだよなあ

鍵のない夢を見る作者: 辻村深月出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/05メディア: ハードカバー クリック: 239回この商品を含むブログ (60件) を見る第147回直木賞受賞の短編集。共通するテーマとしては夢と犯罪。 それぞれの物語で出てくる登場人物の…

みうらじゅん『郷土LOVE』感想 一つの県に対して一つの小話ができる男に僕もなりたい

ほぼ日刊イトイ新聞に連載されていた『みうらじゅんに聞けーこの島国編ー』を加筆・修正した本。図書館の郷土コーナーに置いてあったので興味を持って読みました。郷土LOVE (角川文庫)作者: みうらじゅん出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシン…

松岡修造『挫折を愛する』感想  性格は変えられなくても心は変えられる

松岡修造さんといえば「もっと熱くなれよ!」と叫ぶなど、ポジティブで熱い男として知られる元テニスプレイヤーです。彼の無駄にテンションの高い感じは、とても好感を持っていたので、その著作ということで読んでみました。挫折を愛する (角川oneテーマ21)…

池井戸潤『下町ロケット』感想 正しさを勝ち取ることは本当に難しい。

第145回直木賞に選ばれていたので興味はあったけれど、なんとなく読んでいなかった作品。今回図書館のお勧めコーナーにあったので読んでみました。下町ロケット作者: 池井戸潤出版社/メーカー: 小学館発売日: 2010/11/24メディア: ハードカバー購入: 20人…

堀江貴文『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?』感想 俺、べつに金持ちにならなくてもいいや。

書店で平積みされていて、タイトルがとても気になったので購入。お金の亡者とは言わなくても、お金について色々と天国も地獄も見たであろう堀江さんがどんなことをいうんだと興味を持ちました。金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?…

いけだたかし『34歳無職さん』1・2巻感想 たまにはダラダラと休むのも大事ですよ

34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)作者: いけだたかし出版社/メーカー: メディアファクトリー発売日: 2012/02/23メディア: コミック購入: 11人 クリック: 238回この商品を含むブログ (37件) を見る勤めていた会社がなくなり、色々と思う所が…

押切蓮介『ハイスコアガール』4巻 感想 ストⅡのカウントダウンで僕もまた挫折から復活した少年だった! そして小春ちゃん可愛すぎてやばい。

ハイスコアガール(4) (ビッグガンガンコミックススーパー)作者: 押切蓮介出版社/メーカー: スクウェア・エニックス発売日: 2013/06/25メディア: コミックこの商品を含むブログ (53件) を見る5、4、3、2、1、ぐぅうわぁぁぁ〜〜……ストリートファイターⅡ…

有川浩『三匹のおっさん』感想  うちの母が自分以上にはまって続きを買ってこいと言う

三匹のおっさん (文春文庫)作者: 有川浩出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/03/09メディア: 文庫購入: 10人 クリック: 92回この商品を含むブログ (99件) を見る「還暦だけど俺たちはまだやれる」と町内のかつての悪ガキ三人組が手を組んで自警団を設立。…

森博嗣『「やりがいのある仕事」という幻想』感想 自分と真逆のタイプの人の話だからこそ刺激的だった

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2013/05/10メディア: 新書この商品を含むブログ (25件) を見る森先生は僕とはまったく違う人種の人である。僕は個々の問題に対してとにかく具体的に「これが…

百田尚樹『永遠の0』感想  「面白い」を突き抜けた「凄い」小説だった!

「面白い」を突き抜けて「凄い」の領域にまでガツンと踏み込んでくる本でした。永遠の0 (講談社文庫)作者: 百田尚樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/07/15メディア: 文庫購入: 39人 クリック: 275回この商品を含むブログ (361件) を見るとにかく本書は…

武井宏之『シャーマンキングFLOWERS』1〜3巻 感想 アルミちゃんが可愛い!だから続編を意識しなくても十分面白いです!

2004年まで週刊少年ジャンプに連載されていた漫画『シャーマンキング』の続編。かなり好きな漫画だったので、打ち切りになった時の不完全燃焼感は相当なものだったので、続編が出ると聞いた時は小躍りしましたが、とりあえず何巻か出るまで待っていまし…

至道流星『大日本サムライガール』1巻 感想  自称「真正なるただ一人の右翼」日毬という少女が将来どうなるかはおおいに関心を引いた。

タイトルを見たときはよくある武士娘ものの学園ライトノベルだと思っていたのですが、ネットのレビューで「右翼政治もの」と聞いて「それってエンタテイメントになるの!?」と興味を持って読んでみました。大日本サムライガール 1 (星海社FICTIONS)作者: 至…